あとほんのちょっとのお金があれば、 夢だった事も実現出来るかもしれない。そんなあとほんのちょっとのお金のために出来る事。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年はほとんどの国内投資家にとっては厳しい一年だったと思うのである。
サブプライム問題により株式や為替でダブルパンチを食らった人は多いと思うのである。
なにしろTOPIXが1年で10%以上下落しているし、急速なドル安もあったのである。
しかし全体的には中国に代表されるエマージング株式市場
ユーロ通貨で利益を増やした方もいると思うのである。
オイラの2007年の投資成績結果としては3.5%程度の減となったわけであるが
下落相場での買い増しで、株安や円高に対する耐性を付け
かなり被害を防げたし、将来の収益性を増す事が出来たとは思うのであるが
完全にタイミング投資になってしまったし、追加投資が出来る時期であっただけなので
今後も有効に使える防衛手法とは考えていないのである。
出来る事は可能な限り分散していくしかないかなぁと考えているのである。

以下は2007年の最終アセットアロケーションである。
2007年の最終アセットアロケーション

国内株式
TOPIX連動型ETF、日経平均225連動型ETF、個別株イオン

海外株式
IVV、EFA、EEM

FX
USD、EUR、GBP、AUD、NZD、CAD、ZAR

その他の資産
定期預金、MRF、金価格連動ETF、スターツプロシード投資法人J-REIT


分散具合はまあまあかなと考えているのではあるが
悩んでいるのが国内株式比率なのである。
今年は国内株式が多きく足を引っ張ったのである。
サブプライム問題の本拠地である米国株式より大きい下落に関して
個人的には日本株式の脆弱さを思い知り
「これでは日本株式はエマージング以下じゃないか、投資対象として価値が無いのではないか?」
とすら考えてしまった事もあったのである。
しかし祖国を悲観するばかりというのも悲しいではないか。
今年の下落は成長の為に踏み込み、姿勢を下げている部分もあるとは思うので
現在の比率でとりあえず維持しようと思うのである。
あとの悩みは国内債券クラスゼロ、海外債券クラスもかろうじて少々のFXがある程度で
ほとんど保有資産が無い事。
しかし国内債券は投資の価値が無いほどの低金利だし
海外債券クラスを買うには金利動向を読むのが難しすぎる時期なのである。
日本の金利は1%越えを達成できないまま、むしろ利下げに逆戻りすら視野に入ってきているし
米国金利は利下げを行ったがインフレ懸念から利上げもありえるのである。
とりあえず見通しが読めるまでは現状維持かなぁと考えているのである。
日本の金利が上がり、米国金利が更に下がるようであれば
そろそろFXはクローズして、個人向け国債変動10年や
マネックス証券で取り扱っている7~10年物のゼロクーポン債"タイムカプセル"
あたりにリレーしようかと考えているのである。

とはいえ長期投資の場合、債券クラスは株式下落時の
緩衝材としての精神安定剤的効果ぐらいしかないのかなぁ?と考えたりもするので
基本は株式クラス、そして全体の20%程度を債券クラスにして行こうかなと考えているのである。

評価損益【-74766】円
スポンサーサイト
だんだん相場も戻ってきたようなのである。
しばらく様子を見たいとこではあるが
戻ったあたりでアセットアロケーションの見直しをしようかと思うのである。
やはり今回は海外資産比率の多さから
為替リスク影響が大きかったのである。
国内株式比率を上げ、更に一切持っていない国内債券を
そろそろ買っていこうかと思うのである。

現在の比率 目標比率
国内株式 25% 35%
国内債券 0% 5%
海外株式 35% 25%
海外債券 20% 20%
その他の資産 20% 15%


とはいえ、なかなか目標比率に持っていくのは難しいのである。

評価損益【-59059】円
アセットアロケーションとは資産配分の事なのである
オイラのアセットアロケーションは手数料関連を極力抑えて
且つ以下にリスクを分散するかに念頭を置いているのである。
リスク分散行為自体にコダワるあまりに
肝心なリターンにはたいしてコダワっていない程なのである。(笑)
そして更なる手数料軽減を追及した結果
以下のようにETFと外貨MMF、FXで構成される事となったのである。


国内株式 35%
TOPIX連動型投信(1306)東証上場のTOPIX連動ETF

海外株式 32%
I-SHARES S&P500(IVV)NY市場上場のS&P500指数連動ETF
TRACKER FUND OF HONG KONG(H2800) 香港市場上場の香港企業ハンセン指数連動ETF

海外債券 30%
日興 / アメリカドルMMF
日興 / ユーロMMF
日興 / オーストラリアドルMMF
日興 / ニュージーランドドルMMF
日興 / カナダドルMMF
マネックスFX / アメリカドル FX
マネックスFX / ユーロ FX

流動性資産 3%
積み立て銀行預金
MRF

だいたいキレイな配分なのだが
国内債券が一切無いのである。0%なのである。
理由は、現状の金利水準だと国内債券には投資の価値無しという判断なのである。
更に流動性資産も極端に少ないのである。まあ生活費の予備貯金は別に少しはあるのだが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。