あとほんのちょっとのお金があれば、 夢だった事も実現出来るかもしれない。そんなあとほんのちょっとのお金のために出来る事。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天証券でまたもや取り扱い海外ETFが増えたのである。
DIAMONDS Trust Series1 : DIA
SPDR Trsut Series1 : SPY


しかしSPDR'sは既に取り扱いのあったIVVと同じくS&P500指数連動なのである。
違いは出来高にかなりの差があるのでSPDR'sに流動性の利があるのである。
しかし信託報酬ではIVVが少しだけ利があるのである。
とはいってもただでさえ信託報酬が安いETFなので完全に誤差レベルなのである。
DIAMONDSダウ30種連動なのである。
ダウ30種はコカコーラやIBMやマクドナルド等、アメリカを象徴する銘柄ばかりなので
とっつきやすいかもしれないのである。
インデックスファンド感覚というより大型株マトメ買いに近い感覚なのである。

しかしオイラは今回はこの銘柄追加は正直どーだっていいのである。
米国株式に関してはIVVで十分なのである。
他の銘柄はもういらんのである。

肝心なのはAMEX(アメリカン証券取引所)上場ETF取扱記念!外国株式ポイントバックキャンペーン
なのである。

5/2~7/31の期間中に、海外ETF、ADR、米国株式、中国株式のご購入者に毎月抽選で100名に楽天証券ポイント3,000ポイントをプレゼントなのである。
オイラはEFA買い付け準備体制なのでこのキャンペーンを利用しない手はないのである。

しかし抽選というのがちょっと残念な気がするのである・・・

評価損益【108573】円
スポンサーサイト
長期投資家にとって債券に投資価値はないのか?
という記事を書きましたが今回はほぼ正反対の内容なのである。

長期投資最大のリスクはインフレである。
インフレリスクをヘッジできない債券には投資すべきでなく株式に投資すべきだ。
という考え方の正反対に近いのであるが
1年定期預金を毎年繰り返す(自動延長)と物価上昇率に合わせて
金利も上昇するので実はインフレに負けない。
過去に1年定期預金がインフレに負けたことは数年しかない
らしいのである・・・

1年定期預金というのがミソなのかも。
ようは変動金利で複利運用のできる債券商品であれば
ほとんど同じ利回り、同じ値動きになりそうなので
債券投資でも預金でもインフレヘッジ出来ると言うことになりそうなのである。

相反する内容の記事を書いて大変恐縮なのである。
オイラもドッチが正しいのかスッカリわからなくなってしまったのである。
でも結局ドチラも正しいのであろう。
という訳でオイラは少しは定期預金も債券も持っておこうと考えたのである。

評価損益【138784】円
政府の物価安定政策会議で東京地区のタクシー業者が申請している
運賃値上げ申請を容認するようなのである。
申請内容は現在660円の初乗り運賃を750~810円に値上げするというものなのである。
公共交通の価格は物価を投影するものとしては、かなりふさわしいと思うのである。
これは本格的にデフレ脱却しインフレ期に入った事を意味すると思うのである。

昨日書いたブログ"長期投資家にとって債券に投資価値はないのか?"
でもタクシー初乗り料金について書いていたので
ちょっとタイムリーなニュースなのである。
やはり株式の投資比率をあげるべきなのであろうか。
そしてインフレはオイラのような住宅ローンを抱えるものにも
有利な風なのである。

しかしまだ給料にインフレが反映されている気がしないのはチト悲しいのである・・・

評価損益【112343】円
先月読んだ"じゅん@"さんのブログの内容が
まだアタマから離れないのである。

債券には投資すべきではない

日本債券はあまりの金利の低さに投資価値無しとして見送っているものの
外国債券は資産の20%ほどを占めているのである。
債券はリスクが低いし株式と異なった動きをするので
分散効果が高いと考え積極的に取り入れていたのである。
むしろ今後は債券比率を40%程度まで上げてリスクを減らそうかとすら考えていたのである。
しかし債券は長期投資での最大のリスクであるインフレに弱いから
投資すべきでないというのである。

予想外ながらも、説得力がある衝撃的な内容だったのである。
つい最近までデフレだったせいで
長期的にはインフレなのが正常という状態が
ピンと来なくなっているのかもしれないのである。

では短期投資なら債券が有効か?というとそうでもないと思うのである。
そもそも債券はキャピタルゲインを狙うものでなくインカムゲインを狙うものなのである。
短期投資では効果は薄そうなのである。

債券投資というのは資産を増やすのが目的ではなく
目減りを預金よりは低く抑えるためのものと考えた方がいいのかもしれないのである。
債券比率を下げていこうか真剣に悩んでいるのである。
定年退職後に、資産を切り崩しながら生活するようになった時
全ての資産を債券化するぐらいでよいのかもしれないのである。

評価損益【147595】円
米ドル119円後半
ユーロ162円越え
ポンド238円越え
日経平均株価17,628円越え

どれも調子が良い、調子が良すぎて少々不気味である。
そろそろ一回下げそうなので底で追加投資できるように
余力の確保と行きたいところなのである。
とりあえずポンドは売っておいたのである。

評価損益【164844】円
昨夜はS&P500指数が上がっていて
米国も少しは元気が出てきたかな?と思っていたのである。
が、今日はドル安になってきてちょっと変だな?
と思ってたら夜になってまた持ち直してきた。
しかしどうやらサブプライム問題等で弱気になっていた状態から
少し楽観的になってきているような気もするのである。

まあオイラは豪ドル、NZドル、ユーロを天井近辺で売っていたので
手元に余剰資金が出来ているのである。
ドル安のうちにと思い、楽天証券でドル化しておいたのである。
これでEFAかEEMが安い日があったら買っておこうと思うのである。

評価損益【65783】円
豪ドルユーロと高値更新するなか
出遅れた感があるが伸びてきたのがポンドなのである。
本日は1ポンド=236円台に入ってきた。
1月には240円超えをしているのでまだまだではあるものの勢いを感じるのである。
カナダドルは保有していないのでよく見ていなかったのであるが
こちらも急進しているようなのである。
米ドルはまだまだ弱いけれども
なんだかんだで119円台まで戻しているのである。

評価損益【95510】円
昨日は豪ドルが1997年以来の高値97円をつけたかと思うと
今日はユーロ160円を突破したのである。
160円というのは目標値だったので
157円の時に買っていたユーロを売却したのである。
152円の時に買ったものはそのまま長期利子狙いなのである。

いよいよ次はポンド235円を越えそうなのである。
こちらは237円を越えたら売却しようと思うのである。
というのもポンドはちょっと動きが荒いからなのである。

これからは先月に突如やってきた世界同時株安円高の時に買っておいた
米ドル豪ドルユーロを長期で運用しつつ
高値の時に買ってしまった外貨は利益が出た時点で売却し
円高耐性をつけて本格的な長期投資体制に入ろうと思うのである。

ユーロ豪ドルが高値をつけている間も
米ドルはいまひとつ伸びないので
手持ち現金を今のうちに楽天証券に移しておいてドルで貯めておいて
120円を越えたあたりで
iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)を買おうかと思っているのである。

評価損益【75791】円
今日はイースターマンデー、復活祭の翌日の月曜日なのである。
キリスト教圏では、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日が
イースター(復活祭)にあたり
イースター前の金曜からイースター翌日の月曜まで
慣例的に4連休の祝日となる地域が多いそうなのである。

そんな世情を反映してか本日は国内株式は堅調ながらも
海外市場は正に凪というべき無風状態

しかしそんな先週末に米国で雇用統計が発表され
失業率に予想以上の改善があった模様なのである。
4連休初日に発表とはなんとも冴えない時期であるが
明日より眠りについていた米国市場が目を覚ます・・・のか?

評価損益【76879】円
オイラの会社のストックオプション用証券口座である
日興コーディアル証券から届いた郵便
また不祥事に対する謝罪文かね・・・
と、思って読んみたら違ったのである。

無料キャンペーンのお知らせだと!

サービス1
国内上場株式の保護預かり料の無料キャンペーン(2007年9月末まで)

サービス2
お預かりしている株式を他の証券会社に預け替える場合の手数料無料サービス

サービス1はネット証券ユーザーからすると、なにをいまさら・・・
しかも半年だけかよ?と言った感じ
サービス2は株券電子化があるのでまあ仕方ない気もするが
ちょっと思い切ったかなぁ?と思うのである。
このご時勢ならネット証券に保有株を移したいニーズは高そうなのである。
顧客が流出しそうなサービスで驚きなのである。
オイラのストックオプションも口座移しちゃおうかな・・・

評価損益【64057】円
I-SHARES S&P500 Index Fund(IVV)の配当金が入っていたのである。
まあわずかな額なれど嬉しいものなのである。
ただ配当金は再投資しないと複利のメリットが享受できないのである。
かといって配当金でETFが買えるほど最小購入単位は安くないし
楽天証券での小まめな買い増しは手数料もかさんで不利なのである。
まあしばらくはMRFで寝かせる事になるのだが
FXの利益と併せてそろそろ
iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)いってみようかと思うのである。
最近国内株式比率を下げ気味なのでここでEFAというのも中々難しい選択なのであるが
EFAの1/4は日本株式なのでまあいいかな・・・

評価損益【64057】円
オセアニア祭 の続き

アメリカドルは相変わらず火力不足なのである。
しかし他の通貨は勢いを取り戻してきたようなのである。
ユーロ、ポンドも中々良いのだけれど
とりあえずはオーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルを利益確定しておいた。
世界同時株安円高の時に割安でアメリカドル、ユーロ、オーストラリアドルを買っておいたので
それ以前の高値買った分を売却する事で円高耐性をつけると共に
資産配分を見直して株式比率を上げるのが目的なのである。
正直なところ楽天証券で、iShares MSCI EAFE Index Fund
が買える様になったので、コイツが買いたくなったからという説が濃厚なのである。
もう一回株価が下がるチャンスがあれば良いのだが・・・

評価損益【38461】円
土地公示価格発表
の続き

固定資産税請求が来たのである・・・
ドキドキしながら金額を見ると
去年より安くなっていたのである。
ホッとする反面、我が家の資産価値下落にガッカリしてみたり複雑な心境なのである。
マンションの場合は土地を住民全体でシェアしているので
資産価値はほとんどが建物と価値なのである
地価上昇より建物価格の老朽化下落のほうが影響するようなのである。
とはいえ今年の地下公示価格は結構上がっていたので
来年の請求額は上がるかもしれないと
今からドキドキなのである。

評価損益【40949】円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。