あとほんのちょっとのお金があれば、 夢だった事も実現出来るかもしれない。そんなあとほんのちょっとのお金のために出来る事。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年はほとんどの国内投資家にとっては厳しい一年だったと思うのである。
サブプライム問題により株式や為替でダブルパンチを食らった人は多いと思うのである。
なにしろTOPIXが1年で10%以上下落しているし、急速なドル安もあったのである。
しかし全体的には中国に代表されるエマージング株式市場
ユーロ通貨で利益を増やした方もいると思うのである。
オイラの2007年の投資成績結果としては3.5%程度の減となったわけであるが
下落相場での買い増しで、株安や円高に対する耐性を付け
かなり被害を防げたし、将来の収益性を増す事が出来たとは思うのであるが
完全にタイミング投資になってしまったし、追加投資が出来る時期であっただけなので
今後も有効に使える防衛手法とは考えていないのである。
出来る事は可能な限り分散していくしかないかなぁと考えているのである。

以下は2007年の最終アセットアロケーションである。
2007年の最終アセットアロケーション

国内株式
TOPIX連動型ETF、日経平均225連動型ETF、個別株イオン

海外株式
IVV、EFA、EEM

FX
USD、EUR、GBP、AUD、NZD、CAD、ZAR

その他の資産
定期預金、MRF、金価格連動ETF、スターツプロシード投資法人J-REIT


分散具合はまあまあかなと考えているのではあるが
悩んでいるのが国内株式比率なのである。
今年は国内株式が多きく足を引っ張ったのである。
サブプライム問題の本拠地である米国株式より大きい下落に関して
個人的には日本株式の脆弱さを思い知り
「これでは日本株式はエマージング以下じゃないか、投資対象として価値が無いのではないか?」
とすら考えてしまった事もあったのである。
しかし祖国を悲観するばかりというのも悲しいではないか。
今年の下落は成長の為に踏み込み、姿勢を下げている部分もあるとは思うので
現在の比率でとりあえず維持しようと思うのである。
あとの悩みは国内債券クラスゼロ、海外債券クラスもかろうじて少々のFXがある程度で
ほとんど保有資産が無い事。
しかし国内債券は投資の価値が無いほどの低金利だし
海外債券クラスを買うには金利動向を読むのが難しすぎる時期なのである。
日本の金利は1%越えを達成できないまま、むしろ利下げに逆戻りすら視野に入ってきているし
米国金利は利下げを行ったがインフレ懸念から利上げもありえるのである。
とりあえず見通しが読めるまでは現状維持かなぁと考えているのである。
日本の金利が上がり、米国金利が更に下がるようであれば
そろそろFXはクローズして、個人向け国債変動10年や
マネックス証券で取り扱っている7~10年物のゼロクーポン債"タイムカプセル"
あたりにリレーしようかと考えているのである。

とはいえ長期投資の場合、債券クラスは株式下落時の
緩衝材としての精神安定剤的効果ぐらいしかないのかなぁ?と考えたりもするので
基本は株式クラス、そして全体の20%程度を債券クラスにして行こうかなと考えているのである。

評価損益【-74766】円
スポンサーサイト
オイラは国内海外のETF投資が流儀なのである。
しかしその掟を破ってしまったのである。
個別株を買ってしまったのである・・・
裏切り者と罵る前に、せめて言い訳を聞いて欲しいのである。

オイラの住む街は近隣に3件の大型商業施設があるのである。
そして3件ともイオングループなのである。
2007年の家計簿を見ていて気付いたのであるが
イオングループにて消費した金額が1年で120万円だったのである。
イオン株主優待に、イオングループでのショッピングのキャッシュバックというのがあるのである。
イオンの最小単元購入株数の100株保有の場合は3%キャッシュバックになるのである。
1年で120万円消費する場合は4万キャッシュバックされるではないか!
しかもオイラは持ち家なので、遠隔地に転勤にでも出されない限りは
一生、この街で暮らすつもりなのである。
バイアンドオールドする事で一生3%キャッシュバックの消費行動を取る事ができるのである。
これはイオンの株主になるしかないだろう!

言い訳ついでだが、オイラの生活地盤はイオングループ依存が高いので
イオングループが頑張ってくれれば生活が向上する関係にあるのである。
物価高騰に対抗して年内価格凍結を2月まで延長しているイオングループ
これは是非とも長く応援したいではないか。

という訳で禁断の個別株投資をしてしまったわけですが
ETFに投資しバイアンドホールドするスタイルは変えないのである。
今回のは優待目的なのだがオイラの生活パターンで
これ以上の優待恩恵はちょと思いつかないので
他の株に手を広げる事も考えていないのである。
まあポートフォリオバランスへの影響も微細なレベルなので
これぐらいはよいではないか

評価損益【-21304】円
そろそろ今年もオシマイ
給与所得者のオイラは年末調整の時期なのであるが
今年はどういうわけか返ってきた額が多い・・・
なんでだろ?
まあ多く戻ってきてる場合はあまり気にしないようにしておくが吉なのである。

しかし気付けばオイラの投資資産で足を引っ張り続けた日本株式であるが
結局足を引っ張り続けたまま年を越しそうなのである。
サブプライム本拠地の米国株式が円換算でもドル換算でも同様に一番好成績だっていうのが
どうにも納得いかないんだが、まあそれが日本の現実なのかもしれないのである。

さて来年の目標というか課題というか、アセットアロケーションの見直しなのであるが
日本株式比率については、自分の中で適正な配分というのがイマイチ見えていないのである。
時価総額ベースで言えば10%あたりを目指してもっと低くてよいのだろうけど、円で生活しているのなら50%ぐらいは日本株式で持つべき、みたいな話もよく聞くのである。
よくあるアセットアロケーション例は日本株式と海外株式と日本債券と海外債券を等配分というパターン
理想バランス良く見えないので、とりあえずは中間案の今のオイラのぐらいの配分維持行ってみるか・・・

あとは日本の利上げ、米国の利下げという流れがボチボチ来てる感じなので
外国債券資産クラスは少しづつ長期債券の乗り換えていこうかなーと思うのである。

評価損益【-38209】円
12/17に楽天証券iShares MSCI KOKUSAI(TOK)が発売になるのである。

TOK=IVV+EFA+カナダ-日本 なのである。

そうなのである。オイラの悩みはEFAがカナダを含まず日本を含む先進国株式ETFだったことなのである。
まあカナダが含まれていないのは、まあ良いとして
日本を含んでいるので、別途TOPIX連動ETF日経225連動ETFを買っているオイラには
実にバランスが取りにくかったのである。
またIVV+EFAを購入時の手数料を軽減する為には
まとまった口数買う必要があるので、購入の敷居が高いのが難点なのである。
TOKを使えば約半分の費用でバランスに苦労せず投資できるのである。

オイラも今後は外国株式はTOKEEMで買い増しして行こうと思うのである。

しかし2007年は楽天証券が凄かったのである。
国際分散投資に風穴を開けた偉大な証券会社だと思うのである。
今回のTOKは上場前に発売が決定しているアタリも相当凄いと思うのである。
嬉しいけどショックなのは、去年は海外ETF投資環境が揃ってなくて情報もなくて苦労したんだったよな・・・
今から始める人は恵まれてるよな・・・(笑)
まあ環境が整ってきたって事は嬉しい事なので素直に喜びたいのである。

ところで東証に文句アリですよ
TOKはどう考えても日本人以外買うメリットがないETFなのである。
なんで東証で上場させないのさ!チンタラやってたらアカンよ!

評価損益【-1831】円
冬のボーナスが支給になったのである。
とはいえ今年はオイラはボーナス支給前の臨時収入で既に結構買っている
ロ-ンの支払いもあるので、少し抑えねばならないのである。

そんな訳でタイミングとしてはかなり今更という感じもするのであるが
楽天証券の手数料20%引きキャンペーンになったので
新興国株式ETF iSHARES MSCI EMERGING MKT(EEM)を買ったのである。

これで株式資産の割合がこんな感じになったのである。

日本株式ETF(TOPIX、日経平均) : 3
米国株式ETF(IVV) : 2
米国以外の先進諸国株式ETF(EFA) : 2
新興国株式ETF(EEM) : 1


日本株式の比率が高すぎる?低すぎる?とここは判断が難しいのだが
個人的には米国株式比率をもう少し上げてもいいかもしれないと思うのである。

さてこれでしばらく、ほったらかしの長期投資の旅になるのである。

評価損益【-16387】円
やってしまった・・・の衝動買いだったわけであるが
ようやくと言うべきか、思ったより早いと言うべきか本日納車となったのである。
人生初の北欧車という事で細かい操作感やデザインや使い勝手などで戸惑う点がたくさんあったのである。
なにしろキーはハンドル左の車体センターに挿すのである。そしてドアキーとエンジンキーは別なのである。
ウインカーとワイパーも左右逆なので間違えてしまうのである。

さーてクルマは届いた!あとは支払いだ!
本業も投資も頑張って稼ぐべー!

評価損益【-22226】円
臨時収入で追加投資の続き

端数レベルの余剰資金があったので
分散効果Upとポートフォリオのバランスを取る為に
ちょっとだけだが金ETFを買ってみたのである。
大証 金価格連動型上場投資信託(1328)

まあホントにちょっとだけなのでたいした分散効果にはなってないと思うのだが
ポートフォリオの大半が株式なので相関性の低い資産クラスを少し足してみたのである。

ただし金ETFは先日買ったJ-REITと同じく、いやそれ以上に
あまり積極的に投資したい資産ではないのである。
J-REITで積極的になれない理由は、分配金型の投資商品だからだったのだが
金ETFで積極的になれない理由は全く逆で、分配金が一切ないからなのである。

金はいくら寝かせても利息も付かなければ配当金も出ない。
現金との価値にブレがあるだけの事で、価値が向上していくとは限らない
実は投資にふさわしい商品ではない気がするのである。
ではなんで買ったかというと、インフレの足音が聞こえてきたからなのである。
ガソリン代は高いし、食料品にも値上げ宣言が増えてきたのである。
しかも生活必需品の値上げが目立つので、これは確実にインフレがやってきたな?という感触を感じたのである。

は実体価値は増えないけど、インフレでも実体価値が下がらない。
それぐらいしかメリットは無いと思うのであるが、インフレヘッジ目的なのだから今はそれでいいのである。
J-REIT 、3つともインフレに強いのだから
分散できるなら分散しておいた方がしないよりは良いのでは?と軽く考えたのである。

ただしプラオリティーが低い投資商品である事には変わりないので
コイツはあまり長く持たない可能性が結構高いのである。
もっと良い商品があればリバランスついでにソッチにリレーしちゃうと思うのである。

評価損益【-98955】円
先日、日経平均連動ETFJ-REITを買うとき
実ははじめてのイー・トレード証券を利用したのである。
オイラの流儀は基本的にETF投資なので、楽天証券だけで事足りていたのである。
しかしイー・トレード証券は手数料が安いし海外ETFの扱いも楽天証券に迫る勢いなのである。

先日のトレードは日本株式だったので手数料比較、そしてJ-REITの取り扱い銘柄の関係で
楽天証券を使用せずイー・トレード証券を使用したのだが
海外ETFを買おうとするとドッチが良いのかが実は微妙だという事がわかってきたのである。

イー・トレード証券の場合
為替取引で米ドルにしてから米国株を買う
為替取引は1000ドル以上から
米国株式の購入は指値のみ
分配金はドル決済
手数料は26.25ドル

楽天証券の場合
為替取引で米ドルにするか米ドルMMFにしてから米国株を買う
為替取引と米ドルMMF間のドル移動が可能
為替取引は100ドル以上から
米国株式の購入は指値と成行き
分配金は円決済
手数料は31.5ドル(2007/12/4~2008/1/31 はキャンペーンで25.2ドル)

むむ・・・
手数料比較と分配金ドル決済(好きなときに円に変えられる)でイー・トレード証券に軍配が上がるかと思いきや
楽天証券の方にメリットを感じてきたぞ・・・

まずイー・トレード証券の為替取引が1000ドル以上というのは単位が大きくて
円高時にちょこちょこドルに変えておいて、まとまったら株式っていうリレー投資が出来ないし
米ドルMMFから株式購入もできないので、ドルに変えてただ寝かしている間の運用にも難あり。
分配金がドル払いというメリットはだいぶ霞んでくるのである。
しかも米ドルMMFから株を買ったり、株の売却益を米ドルMMFに出来ないのは
税制的にもデメリットなのである。

これはオイラの投資スタイル
楽天証券で円高の時にちょこちょこ米ドルMMFを買っておいて
積み上がってきたら米国ETFにする
っていうパターンであれば圧倒的に楽天証券の方が良いという結論になったのである。

オイラは手数料キャンペーンが終わっても楽天証券で海外ETFを買おう!

評価損益【-78532】円
先日、生命保険の見直しを行ったので還付金が振り込まれたのである。
冬のボーナス前の思わぬ臨時収入で追加投資を行ってみたのである。

今年はクルマを買ってしまったせいであまり投資できないと思っていたのだが
結果としては例年通りになりそうなのである。

本来はiShares MSCI EMERGING MKT(EEM)にて新興国株式投資を始めようかと思っていたのであるが、12/4から楽天証券で米国株式手数料割引キャンペーンがあるので
コイツは後回しにしたのである。冬のボーナスが出てからにするのである。

追加投資した銘柄は以下の二つ
上場インデックスファンド225(1330) 日経平均225連動ETF
スターツプロシード投資法人(8979) JASDAQ上場の住宅用J-RIET

オイラは日本株式はTOPIX連動型上場投資信託(1306)で投資していたのだが
ポートフォリオの中の日本株式資産比率が20%以下まで低下していたのでリバランスも兼ね
また更なる分散効果を高める為に日本株式資産クラスを追加してみたのである。
しかし冬のボーナスでは前述のEEMに投資する予定なので
またすぐに外国株式比率が上がってしまうのである・・・
まあサブプライム問題で一番下落したのが日本株式資産だったし
TOPIXよりも日経平均の方が大きく下がっていたので
まあこの選択は、かなりお買い得だったのかなと思うのである。

そしてサブプライム問題の反省として、保有していた資産がほぼ全て連動して下げていたので
まだまだ分散が甘いと感じ更に値動きの相関性を下げる為に
比較的お手軽な価格だったJ-RIETにも初挑戦してみたのである。
まあ個人的なイメージとしてJ-RIETは自浄作用が働きにくく健全運営されないリスクを感じていたり
長期投資では投資効率の悪い分配金型投資商品だったり
購入単価が高めな事もあり十分な分散が難しいと感じていたので
今まで消極的だったのであるが、今回は資産クラスの幅を広げる方を優先したのである。
まあ購入しやすいJ-REITファンドもあるのであるが手数料などのコストとリターンが見合わない気がしたので
最も購入単価が低かったスターツプロシード投資法人を選択したのである。
まあとはいえそれでもポートフォリオの海外株式比率が高めになるというアンバランスさは
今後も問題として残りそうなのである。
まあ長い時間をかけて理想のポートフォリオを模索していきたいのである。

評価損益【-58096】円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。