あとほんのちょっとのお金があれば、 夢だった事も実現出来るかもしれない。そんなあとほんのちょっとのお金のために出来る事。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まったく今時の若者は・・・
エライ!

オイラには干支一回り以上年下の部下が3人居るのである。
オイラはバブル絶頂期に社会に出て、バブル崩壊も経験したが
ITバブルで再度波に乗ったクチなのである。
良くも悪くも、「どうにかなるさ、ケセラセラ」な世代なのである。

ところがこの部下達はバブル崩壊後の就職難時に就職活動していた事もあり
考え方が手堅いのである。
若いのにたいして遊びもせず、浪費もせず、貯蓄しているのである。

オイラが20代の時は若者と言えば、高校卒業後に合宿免許を受け
クルマに乗り、夏はマリンリゾート、冬はスノーリゾートという
恋人はサンタクロースな世代なのである。

ところが部下達はそんな事には興味は無く
仕事が終われば真っ直ぐ家に帰り、ディスカウントストアで買ってきた
安い発泡酒を呑みながらナイターを見るという
実に手堅い生活をしているのである。
そしてボーナスが出ると、全て貯蓄しているのである。
そのうちの一人はボーナスは全部個人向け国債にしているというのである・・・

スゴイ・・・

オイラなんかは携帯の機種変をした半年後には新機種が気になってしまうというのに

貯蓄や個人向け国債という選択肢がベストかどうかは置いておいて
使わない、ということは実に尊いのである。

評価損益【-630080円】
スポンサーサイト
先週はリーマンショックで相場が崩れたようなので
久しぶりにアセットアロケーションを見直そうと思って
資産バランスを見てみたのである。

あまり変わっていなかったのである。

米国株式が下がれば他国の株式も連動して下がり
為替も円高に振れたので、ほぼ全部の資産クラスが下がったので
バランス自体に変化無しと言うわけである。

サブプライム問題が騒がれてそろそろ2年なのだが
この2年はずっとこんな感じだったのである。
グローバル化が進む経済では相関性が高まり
あまり分散効果が出ていないのかもしれないのである。

ならば割り切って長期的にもっとも成長する傾向にある
株式資産クラスにもっと振っても良い様な気もしてきたのである。

評価損益【-593650円】
今日のニュースはリーマン・ブラザーズ破綻で持ちきりなのである。
バブル崩壊期の山一證券みたいなものらしいのである。

しかしオイラはもう一年ぐらい感じているのである
アメリカ経済は相変わらず強いなぁ・・・
伊達に世界最大の経済大国やってないのである。

なにしろサブプライムの震源地でありながら
オイラの保有銘柄で最も下落率が低いのは
米国株式ETFのIVV(iShares S&P500 Index Fund)なのである。
サブプライムショック以来EFAやEEM
そしてTOPIX連動や日経平均連動がガッツリ下げていく中でも
IVVは常に緩やかだったのである。
そしてそれはリーマン・ブラザーズが破綻しても同じだったのである。

山一證券が破綻した時、SONYやトヨタがなくならなかったように
リーマン・ブラザーズが破綻したところで
コカコーラは世界中で飲まれ
Windowsの旗は世界中のPCではためき
iPodを聞きながら世界中の若者が歩いていると言うわけなのである。

評価損益【-728388円】
ガソリンスタンドに給油に行ってビックリ
レギュラー1リットルが160円になっていたのである。
まあ未だ高いといえば高いがちょっと前は200円になっちまいそうだったのである。
先週はNY原油が100ドル割れたようなのである。
ついこの間まで150ドル超えとか言っていたので
ガッツリ下がったことは容易に想像できるのである。

先週ユーロが150円割れたようなのである。
ついこの間170円超えとか言っていたので
ガッツリ下がったことは容易に想像できるのである。

まあこれらはきっと異常だったものが正常に戻ったというだけの事なのであろう。
異常よりは正常の方が良さげなのである。
素直に喜ぶことにするのである。

ところで東証から今週、東証REIT指数連動ETFが上場するのである。
これは便利そうなのである。しばらくは出来高などを含めて要チェックなのである。
きっとこういうのも正常化なのであろう。素直に喜ぶのである。

先週、大証でインド通貨ルピー連動ETF、ブラジルレアル連動ETF、ロシアルーブル連動ETF
が上場したらしいのである。
なんじゃこりゃぁ・・・?
これはあまり正常とは思えないのである。

評価損益【-640874円】
フィットネスジムに通うようになって3ヶ月経ったのである。
休館日と仕事上のスケジュール都合が無い限り
ほぼ毎日通っているので週4~5日程度のペースなのである。
3ヶ月の成果は

体重 63kg → 61kg
体脂肪率 23% → 18%


んまあ労力から考えるとちょっとしか減っていない気もするが
体脂肪率の減少はなかなかなのではないだろうか

ところでこの3ヶ月は
仕事が終わると家に帰って、セガレの相手をして寝かしつけて
それからジムに出かけるという
中々厳しいスケジュールだったので
経済動向等をあまり調べていないかったのである。
するといつの間にまた円高傾向だったのである。
海外資産比率が多いオイラ
しっかり資産も痩せていたのである・・・


評価損益【-629236円】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。