FC2ブログ
あとほんのちょっとのお金があれば、 夢だった事も実現出来るかもしれない。そんなあとほんのちょっとのお金のために出来る事。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、生命保険の見直しを行ったので還付金が振り込まれたのである。
冬のボーナス前の思わぬ臨時収入で追加投資を行ってみたのである。

今年はクルマを買ってしまったせいであまり投資できないと思っていたのだが
結果としては例年通りになりそうなのである。

本来はiShares MSCI EMERGING MKT(EEM)にて新興国株式投資を始めようかと思っていたのであるが、12/4から楽天証券で米国株式手数料割引キャンペーンがあるので
コイツは後回しにしたのである。冬のボーナスが出てからにするのである。

追加投資した銘柄は以下の二つ
上場インデックスファンド225(1330) 日経平均225連動ETF
スターツプロシード投資法人(8979) JASDAQ上場の住宅用J-RIET

オイラは日本株式はTOPIX連動型上場投資信託(1306)で投資していたのだが
ポートフォリオの中の日本株式資産比率が20%以下まで低下していたのでリバランスも兼ね
また更なる分散効果を高める為に日本株式資産クラスを追加してみたのである。
しかし冬のボーナスでは前述のEEMに投資する予定なので
またすぐに外国株式比率が上がってしまうのである・・・
まあサブプライム問題で一番下落したのが日本株式資産だったし
TOPIXよりも日経平均の方が大きく下がっていたので
まあこの選択は、かなりお買い得だったのかなと思うのである。

そしてサブプライム問題の反省として、保有していた資産がほぼ全て連動して下げていたので
まだまだ分散が甘いと感じ更に値動きの相関性を下げる為に
比較的お手軽な価格だったJ-RIETにも初挑戦してみたのである。
まあ個人的なイメージとしてJ-RIETは自浄作用が働きにくく健全運営されないリスクを感じていたり
長期投資では投資効率の悪い分配金型投資商品だったり
購入単価が高めな事もあり十分な分散が難しいと感じていたので
今まで消極的だったのであるが、今回は資産クラスの幅を広げる方を優先したのである。
まあ購入しやすいJ-REITファンドもあるのであるが手数料などのコストとリターンが見合わない気がしたので
最も購入単価が低かったスターツプロシード投資法人を選択したのである。
まあとはいえそれでもポートフォリオの海外株式比率が高めになるというアンバランスさは
今後も問題として残りそうなのである。
まあ長い時間をかけて理想のポートフォリオを模索していきたいのである。

評価損益【-58096】円
コメント
この記事へのコメント
サイト管理者様
はじめまして。突然のメッセージで失礼します。
「投資信託で生活設計」の管理人のどらやきやと申します。

サイト拝見しました。情報が多く、勉強になります。
事後報告で申し訳ありませんが、勝手ながら貴サイトをリンクに登録させていただきました。
こちらになります。(http://fundfundfund.blog44.fc2.com/
掲載が困るような場合は連絡下さい。改善・修正いたします。

また、もし可能でしたら相互リンクをお願いできませんでしょうか。リンクいただけるようでしたなら、以下サイト情報となります。

タイトル:投資信託で生活設計(ライフプラン)
URL:http://fundfundfund.blog44.fc2.com/
内容:おすすめの投資信託、投資に役立つ書籍、気になるニュースをお伝えします。

唐突なお願いですが、ご検討いただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。
2007/12/02(日) 01:27 | URL | どらやきや #-[ 編集]
情報が多く、勉強になるなんてとんでもないです・・・
備忘録的でオバカでお気楽な内容ですんで(笑)
こちらはリンクフリーとうたってますので全然問題ないです。
貴サイト拝見させていただきました。
素晴らしい内容ですね。こちらもリンク支えていただきました。
長期インデックス投資の同志として
長い旅路を気長に頑張っていきましょう!
2007/12/02(日) 11:11 | URL | TAD。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pingo.blog92.fc2.com/tb.php/132-59916e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。